PROFYLE / WHISPERS IN THE DARK (1997)

PROFYLE / WHISPERS IN THE DARK (1997)

Joeがプロデュース、ルイジアナ出身のProfyleがMotownから発売した、デビュー・アルバム。良いか悪いか、トータル的に「ぞくっ!」ときちゃったのは、すべてJoeプロデュースの曲だったりします。

01. Just Can’t Get You Off My Mind
02. I Ain’t the One
03. Jiggy Girl
04. Too Shady featuring Cha Cha
05. Whispers in the Dark
06. I Won’t Cry
07. Don’t Be Trippin’
08. Can’t Let Go
09. Somebody Like Me
10. Overjoyed
11. Kick It Tonight
12. Lady
13. Make Sure You’re Home featuring Chico DeBarge and Joe
14. I Ain’t the One featuring Juvenile (bonus track)

アコギが入っちゃう「Jiggy Girl」なんて、Joe自身が歌ってそう。フィーメール・ラッパー、Cha Chaのパンチあるrapから始まる「Too Shady」なんかも今でも聴ける感じのミッド・ダンスナンバー。

アルバムタイトル曲の「Whispers in the Dark」は、彼らの爽やかでしつこくないハーモニーが心地よい、とろけてしまいそうなスローナンバー。「I Ain’t the One」はフロアで聴いて、踊りたいですね。

CMでお馴染みだった、Stevie Wonderのカバーの「Overjoyed」では、このヴォーカルグループのいい味がでています。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です