95年頃に全盛した数々の女性R&Bグループ、その「王道」ではなかったけれど、その時代にリリースされた4人組のコーラスグループのアルバム。

01. Take It to the Front
02. Warm Summer Daze
03. I Can’t Fight Anymore
04. I Like It
05. I Don’t Like It (Interlude)
06. All My Love
07. Slow and Easy
08. If I Cry
09. Knocks Me off My Feet
10. Tell Me
11. Mama’s on the Phone (Interlude)
12. Funky Low Down Feeling
13. Love Is All We Need
14. Stay

このアルバムを聴くと、当時のLAを思い出します。「Warm Summer Daze」を聴くと、同じ「Private Number」をサンプルして使ってたRappin’ 4-Tayの「Player’s Club」を思い出します。

「All My Love」など4曲がSomethin’ For The Peopleのプロデュースですが、中でも「Love Is All We Need」がその色が強いですね。

彼らのハーモニーには光るものがあると思いますが、この後さっぱり名前を聞いていません。今はどうしてるんだろう。休日の昼下がりのティータイムのひと時にどうぞ!


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です