Cyndi Lauper / TRUE COLORS (1986)

Cyndi Lauper / TRUE COLORS (1986)

Cyndi Lauperの2ndアルバム。
私が中学生の頃にリリースされたんだろうか。当時、カセットテープで買った気がする・・・その後、CDを買い直したんだけれど、持っている全てのカセットテープ捨てちゃったんだよね。今思うと、もったいないけれど。

01. Change Of Heart
02. Maybe He’ll Know
03. Boy Blue
04. True Colours
05. Calm Inside The Storm
06. What’s Going On
07. Iko Iko
08. Faraway Nearby
09. 911
10. One Track Mind

彼女の独特の声は、黒人が持つソウルフルさとは違う。けれど、彼女のMarvin gayeのカヴァー曲「What’s Going On」は原曲とはまた違った、彼女のソウルを感じる。訴えかけるような殴りつけてくるソウルではなく、彼女のは、優しく素朴に語りかけるって感じだろうか。シングル曲で売れに売れた「True Colors」は、それをよく表現してると思う。

ドキドキさせるベースラインでアルバムの幕を開ける「Change of Heart」は、切ないギターリフがCyndiの歌声と良く合っている曲。Nile Rodgersがギター、The Banglesがバッキング・ヴォーカルで参加。

Billy Joelがバッキング・ヴォーカルで参加している「Maybe He’ll Know」は、50sや60sを感じさせる懐かしいポップな曲。

「Iko Iko」や「Faraway Nearby」では可愛いらしいCyndiで、この可愛らしさも独特で彼女の魅力だろう。デビュー・アルバム「She’s So Unusual」で彼女を一躍有名にしたシングル、「Girl’s Just wanna have fun」もそうだけれど、楽しくハッピーに歌う彼女は本当にキュートで魅力的。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です