鯛めし 松山 vs 宇和島

愛媛の鯛めし 松山VS宇和島

今年7月にしまなみ海道サイクリングついでに、今治と松山にそれぞれ1泊したときに楽しんだ鯛めし。

うっすらTVで鯛めしには2種類あることを知ってはいたんだけれど、お刺身の鯛で楽しむのが「宇和島鯛めし」で、土鍋でご飯と炊き込むのは「松山鯛めし」だったのね。



それなら、どちらもいただかなければ。
道後温泉「椿の湯」に入った後、ちょうどその前にあった「かどや」で頂いたのは、宇和島鯛めし。

甘めの醤油ダレに生卵をといて、白飯に鯛のお刺身を乗せてかけて食べる。まぁ、鯛のお刺身が付いてる高級な卵かけご飯的なものです。鯛がプリっとして、適度な脂が乗ってるのか、ほんのり甘く感じた。そりゃ、美味しいでしょう。実は、普段夜ご飯に米を食べない私達なのですが、こういうのだと白飯何杯もいっちゃいそうになるよね。

そして、松山城の帰り、ロープウェイ入口付近でいい感じで混みかけていた「秋嘉(あか)」で、松山鯛めしを。

ふわっふわに炊けたご飯と鯛の相性抜群。そのままで食べ、薬味かけて食べ、最後は出汁をかけて頂く。3waysで楽しめる分、宇和島鯛めしより贅沢感があるかな。

道後ビールと共に、頂きました。
こういう料理、この味を食せるのは、日本しかないでしょう。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です