Supercat / THE STRUGGLE CONTINUES

Super Cat / THE STRUGGLE CONTINUES (1995)

Raggamuffin Hiphopはこういうのをいうのか?ごりごりdancehallではなく、hiphopテイストもふんだんに使ってあってreggaeの域を超えて、いい具合に混ざりあってる。だから聴きやすくって飽きがこない。

Supercat / THE STRUGGLE CONTINUES

Shabba Ranksの「Mr. Loverman」でお馴染みのCheville Franklinがbacking vo.で参加してるのが何曲かあります。

1. Dance
2. Girlstown
3. Turn
4. Warning
5. Forgive Me Jah
6. My Girl Josephine
7. “A” Class Rub-A-Dub
8. Too Greedy
9. South Central
10. Ready Back
11. Every Nigger Is a Star
12. Settlement

切ないメロディラインにSuper Catの甘めのフロウで哀愁漂う「Turn」。Super Catの声ってcuteだよね。

「Dance」や「Girlstown」は、パーティチューン。
「Warning」ではライバルを煽り、「Forgive Me Jah」では、Jahに救いを求め許しを請う。「Every Nigger Is a Star」ではAfricanのdecendentとして誇りをもって、結束しようと歌う。

Jacketの内面にはFrederick Douglassの1857年の言葉、「If there is no struggle, there is no progress.」 そう、consciousなネタもアリですよ。

何回も聴いた、このalbum。 Nicodemus、Junior Cat、Junior Demusとやってるアルバム「The Good, The Bad, The Ugly and The Crazy」もパンチあってよいですよ。.

Jah Rastafari!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です