SOUTH CENTRAL(1994)邦題:サウス・セントラル 非情の街

SOUTH CENTRAL(1994)邦題:サウス・セントラル 非情の街

Directed by Steve Anderson, produced by Oliver Stone
Cast: Glenn Plummer, Byron Minns, Lexie Bigham, Vincent Craig Dupree, LaRita Shelby

よくあるgangから抜け出して、更正していく映画。それを父と子 のつながりで描いてる。舞台は1982年。

黒人gangの男の子は、father figureがわからないまま若いうちに父親になったりすることも多い。そしてわからないから子供がうっとうしく思えたりして子と妻を捨てちゃう。まっとうな仕事もなく、gangから足を洗うのも大変だから仕方ないのかもしれないけども、抜ける道はあるはず。

確かMalcolm Xもjailでいい人に出会って改心する。辞書を全部書き写しながら言葉を覚えていったり。この映画もjailにkeymanがいるのだけれど、実際のアメリカのjailではkeymanに出会えて改心するってよくあることなんだろうか。

”attitude”の大切さ。どんな風貌をしていようが、attitudeさえしっかりしてたら理解されやすいことってあるだろう。

こういう映画を見ていつも思うのが、黒人は黒人たち自身で自分らを社会的に不利にしてる点も多いんじゃないかってこと。gang bangやhustler, pimpしてたらより早くbig G(=money)が稼げるだろうけれど、それが悪循環になるのは明らか。縄張り争いやら、ドラッグ売買、不特定多数とのsexやらで自らをダメにして、またその子供達もそれを受け継いで同じ道を繰り返す。しかもその根源が、ドラッグのように、白人や他の文化圏から流れてきたものだったりするわけで。悪循環をどこかで断ち切って、この映画のBillyのように自らで変化して、子供には繰りかえさせない環境を作ってやってほしい。

余談だが、80年代のfashionってなんか滑稽よね。流行は繰り返されるけれど、80年代のエッセンスってちょっとこっぱずかしい・・・のは、実際その時代を生きたからだろうか。

(2000年頃 投稿)

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です