新春特別懐石 @ 美濃吉・天満橋 Shinshun Kaiseki @ Minokichi

新春特別懐石@美濃吉 New Year Kaiseki @ Minokichi

先週13日に緊急事態宣言が発令されたんだけれど、事前に予約していた美濃吉・天満橋。「応援に」とキャンセルしないで行くことに。

徒歩圏内の移動でランチタイムだし、旦那と二人なのでどんちゃん騒ぎすることもないので。美濃吉さんは、席のレイアウトもかなり余裕あるしね。

Last week, the “mild” state of emergency was declared against several prefectures in Japan including Osaka. It doesn’t prohibit going out for eating in the daytime and we have booked a table already, we decided not to cancel the New year’s Kaiseki course meal.

Minokichi, Temmabashi – around 10 minute walk from home. View of Okawa (river) and the city is familiar for us but it always entertain us.

新春の特別懐石。New Year’s Special Kaiseki.
新春特別懐石 @ 美濃吉・天満橋

京の白味噌椀、いままでここで食べたことがなかったので楽しみだったのだけれど、伊勢海老の旨味で白味噌に深みがでていて期待以上のお味でした。ぶりのお刺身とあしらってあったふぐの炙りがもっちりしていて美味しかった。ふぐのから揚げは、カラッと揚がっていて中はふんわり、ほんのり甘さを感じる。今日の鮑の肝焼きは小ぶりで蝦夷鮑かな。滑らかな口当たりで甘みがあり、肝の苦みで味の深みが増す。デザート、イチゴの後ろはストロベリーアイスクリームだったのだけれど、イチゴが濃厚だけれど甘すぎず、いいお味でした。

Kyoto’s Shiromiso-wan, white miso soup with Ise-ebi (Japanese lobster) which we haven’t even taken at this restaurant, the flavor of Ise-ebi mixed with a bit sweet taste of white miso (shiromiso) was so amazing. Sashimi (sliced law fish) – seared Fugu served with Buri (yellowtail) tasted mild and the chewy texture made it more delicious. Fried Fugu was also delicious – crispy outside fluffy inside. Awabi-no-kimoyaki – grilled awabi (abalone) with liver sauce – the awabi was so tender and tastes mild, it really went well with the bitter liver sause. Strawberry Icecream, rich taste of strawberry, made this course meal perfect!

四季ごとに利用するから、なんとなくお料理の内容にコロナで大変なのかもな・・・と感じた。なんとなく。味や接客は普段と一緒なんだけれどね。ほんと、利用しやすいところなので、何とか頑張ってほしい。

It is hard time for them – I guess they have been losing sales due to the effect of COVID situation. I hope they will get through this and hopefully we will see guests coming here to see Sakura along the river in spring.

食事の途中にふと外を見たら、虹がでてた。
いいことあるかな。

Rain let up and rainbow welcomed us.
Well, i should be a good sign.

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です