Various Artists / Seattle...the Dark Side(1993)

Various Artists / Seattle…the Dark Side(1993)

このアルバム、10年経ってもone of my favoriteです。 ちょうど私がシアトルのあるワシントン州内に1年間滞在していたときにリリースされて、どこに行くにも聴いてた。

1. Drop Top / E-Dawg featuring Filthy Rich
2. Just Da Pimpin’ In Me / Sir Mix-A-Lot
3. Menace Crook / Jay-Skee
4. Love… Never That / Jazz Lee Alston
5. Show You / 3rd Level
6. Flava You Can Taste / Kid Sensation
7. Little Locs / E-Dawg featuring Filthy Rich
8. 12 Gauge / Jay-Skee
9. Don’t Play Me / 3rd Level

当時、Dr. Dreの「Chronic」やSnoopの1stアルバムがめちゃめちゃ流行ってた「西(westside)」がアツかった時期に、同じ「西」Seattleにもその波がきていた。Sir Mix-A-Lotなら当時のヒップホップ好きは知っているだろう。Seattle発のものは、メインストリームの西海岸サウンドよりシンプルで、ラップを全面に押したものが多いか。でもその「足りなさ」が、ムリからカッコつけているようでいい。

E-Dawgの「Drop Top」はThe Gap Bandの「I Found My Baby」をサンプリングしたスムースなメロディーと、サビのボーカルが心地よい、ありそうでない曲。「Just Da Pimpin’ In Me」はモロにSir Mix-A-Lotな曲。Jazz調の怪しいメロディーと女性の囁き系ラップが耳に残る「Love…Never That」。

このアルバムのジャケットにに「no grunge(グランジ)」って書いてるのが時代を感じさせる。この当時はNirvanaなどのSeattleサウンドが流行っててグランジ・スタイルも全盛期だった。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です