Jamal-ski / Roughneck Reality (1993)

Jamal-ski / Roughneck Reality (1993)

Jamal-skiのデビュー・アルバム。
自らのスタイルをHardcore Reggae Hip-Hop、Raggamuffin styleとカテゴリづけてるJamal-ski。Patois(パトワ)混じりのChantingを、NYのアンダーグラウンドなヴァイブスを感じるちょいとジャジーだけどヒップホップな音に、荒削りに殴りつけてます。ジャケットからはあまり感じられないが、実は内容は結構コンシャスな曲もありますよ。

01. Medallion Masters Human Beat
02. Texas Rumpus
03. Roughneck Intro
04. African Border (Skeffington Mix)
05. Akbar’s Groove
06. Jump, Spread Out
07. Hangin’ Tree
08. Poom Poom
09. Night Rider
10. Jah Jah Vibes
11. Ragga Youth featuring Michael Rose
12. Holy Sacrament
13. Recognize
14. Put It On featuring Rocker T & Mr. Live
15. Terrible Man
16. Ya Dig
17. Piece of Reality
18. Last Word
19. Ragga Youth (DJ Smash Jazz Mix)

90年代中頃、心斎橋のクアトロのライブに行ったっけ。
フロアには20人くらいしかいなかったんやけど、Jamalもみんなも入り混じって飛びまわってました。そういや、そのライブ当日の昼間に心斎橋をぶらついてたら、彼の軍団に遭遇したのです。彼はめちゃめちゃフレンドリーで、私のツレが持っていたクシャクシャのメモ紙に、嫌がりもせずに喜んでサインしてくれた!

このアルバム、interrudeから「African Border」に繋がるところなんか、めちゃめちゃかっこいい。ベースラインが響く。「Jump, Spread Out」や「Put it on」も、かっこいい。

「Recognize」というinterrudeで、KRS One(実際にこのアルバムに出演されてます)、Nice & Smooth、Queen Latifah、Daddy Freddy、DJ Premire、Red Alert、Super Cat、Shabba Ranks、Fu-Schnickens、Brand Nubianなどなどの名前が出てくるあたりで、彼のサウンドは私好みでしょう!Boogie Down Productionにも参加してました。

彼の声に好き嫌いはあるとは思うけど、サウンドだけでも聴く価値あるんじゃないかな。私の一番のお気に入りは「Ragga Youth (DJ Smash Jazz Mix)」。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です