NEW JACK CITY 邦題:ニュージャック・シティ (1991)

NEW JACK CITY 邦題:ニュージャック・シティ (1991)

Directed by Mario Van Peebles, Story by Thomas Lee Wright
Starring: Wesley Snipes, Ice-T, Mario Van Peebles, Chris Rock, Allen Payne, Bill Nunn, Vanessa Williams, Tracy Camilla Johns…

私が自分でお金払って映画館で見た、最初の映画じゃないかな? 高校生の頃。懐かしいこの頃のファッションセンス・・・今はちょっとこっ恥ずかしいぞ!でもこれを時代を感じながらリアルタイムで見れたのは貴重かも。

映画の背景は黒人社会やドラッグの蔓延など、重いテーマもあるけど、あくまでもNew Jack Swing!してるところが、娯楽的。

コカインビジネスを描くこの映画を観た時の衝撃は、映画「マトリックス」を観た時と似たものだった気がする。

この映画でWesley Snipesに対して「Wesley Snipes=悪役」っていう、なんか怖くて不気味なイメージしか持てなくなってしまった。それほど、彼が演じるNinoって「悪」で、その役柄を見事に演じ切っている。

この頃、ラッパーとしてパワフルだったIce-T。彼って正直なところ「世の中の黒人達って、Ice-Tをみて黒人として認識するんかな?」ってほど、エキゾチックなお方よね。彼の声が不思議に私には魅力的に聴こえたので、彼のアルバムもこれまたヘビーローテーションでした。Ice-Tやら、Ice CubeやらVanilla Iceやら、なんでみんな名前にIceつけたがるんや?とか思ったもんですね。

随分前の映画だから出演している今では大御所の皆さんも、この映画では若いわけですが、驚いたのはChris Rockです。高校生だった当時の私はまだ彼のこと知りませんでした。あの役は私の脳裏に焼き付いてたものの、最近みて「あ~!そういや、そうだ!」って気付いたのですよ。結構いい感じで演技していらっしゃいました。絶ったはずのコカインを前にして、泣きそうになりながらブルブル震えてた彼の姿はなかなかの迫真の演技だったと思います。

Keith Sweat, Guy, Troop, Levertなど曲だけでなく出演しちゃってるところも見どころです。音も楽しめる。サントラは、New Jack Swing満載!なんてゴージャスなんでしょう。Color Me Baddの「I Wanna Sex You Up」の他、Ice-Tの「New Jack Hustler」、Troop and LeVert featuring Queen Latifahの「For the Love of Money/Living for the City」、Christopher Williamsの「I’m Dreaming」、Johnny Gillの「I’m Still Waiting」そして、タイトル曲のGUYの「New Jack City」など、この時代を感じさせる音ばかり。映画内でもいいところで流れてきます。

是非これをみて、当時を感じてください!


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です