LIFERS GROUP/ Living Proof (1993)

LIFERS GROUP/ Living Proof (1993)

ジャケットで「西海岸ギャングモノ」と思いきや、西海岸サウンドよりfunknessを感じるアルバム。というのも、Lifers Groupは東海岸、ニュージャージー州のEast Jersey State刑務所に収監された終身刑受刑者たち(Lifers)の更正プログラムで結成されたグループだという。

LIFERS GROUP/ Living Proof (1993)

1. One Life to Live
2. Let Me Out
3. Rise or Fall
4. Prison Break 1
5. Cuff ‘Em Up
6. Emotional Violence
7. Freestyle 1
8. Out of Sight, Out of Mind
9. Living Proof
10. Short Life of a Gangsta
11. Prison Break 2
12. Prison Is the Death of a Poor Man
13. Back in the Days
14. Jack U. Back (So You Wanna Be a Gangsta)
15. Short Life of a Gangsta – (Organized Konfusion Mix)

感じはIce Cubeの初期っぽいかな?いや、それよりもちょっと洗礼されてる・・・生音入ってるのかな、音に厚みを感じる。ギャングスタラップが流行った90年代初期の頃の音らしい中にも、ライブ感が感じられて、カッコいい。

重厚なビートに合わせて「Don’t sell drugs cause you got one life to live. Don’t go to jail cause you got one life to live」とライムする「One Life to Live」、オープニングから引っ張ってくれる。ちょっとラガマフィンエッセンスを混ぜた「Rise or Fall」も臨場感ある。Five Stairstepsの「Don’t Change Your Love」をサンプリングした「Living Proof」に、続くOrganized Konfusionプロデュース「Short Life Of A Gangsta」への流れはジャズ感たっぷり。

その後はfunkに流れていく。「Jack U. Back」はIce CubeやNWAなどのサンプリングであの頃の西海岸的。調べると、Ice CubeやEasy-Eをはじめとする西海岸サウンドを手掛けたDoctor Jamもプロデュースに関わってるとのこと。

今でも引っ張り出して聞くアルバムの一つ。
(2011年初掲載)

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です