LIFE 邦題:エディ&マーティンの逃走人生 (1999)

LIFE 邦題:エディ&マーティンの逃走人生 (1999)

Directed by Ted Demme
starring:Eddie Murphy, Martin Laurence, Bernie Mac, Anthony Anderson, Barry Shabaka Henley, Michael Taliferro, Heavy D, Sanaa Lathan…

単なるコメディじゃない、これは。なんか終わった後に、ほろ苦い気持ちになってしまう。

ひょんなことから濡れ衣で、罪もないのに「LIFE(終身刑)」を科せられたRay Gibson (エディ・マーフィー)とClaude Banks (マーティン・ローレンス) の牢獄での生活。 そして一緒に生活をする、仲間達。結末は微笑ましい。

俳優エディ・マーフィーは、ほんとすごい! あの「ナッティ・プロフェッサー」のシリーズで色んな役を一人で演じきっちゃうのがそれを証明いるけれど、これは色んな役でなく、同じ人が老けていく姿を演じている。確か60年間分だったっけ? それが、もう、上手い! もちろんマーティン・ローレンスも同じ様に演じてるんだけれど、エディ・マーフィーのほうが上手(うわて)か。 特に最後のほうの老人になってからの姿。化粧などの特殊効果のおかげももちろんあるのだけれど、せりふをいうときの口の動きとかがすごい! また、エディ・マーフィーが突っ走った演技をしてるのではなく、マーティン・ローレンスと自然に絡んでいるところが、「おじい」達を微笑ましくみてられる。

誰もがこの映画を見て、「自分が無実なのに終身刑(sentenced to life)をいいわたされたらどうなんやろ?」って考えるんじゃないかな。映画の中の彼らは疑問を抱きながらも(というか、無実だから)、この境遇をあるがまま受け入れて生活しているようにみえる・・・1930年~1950年といった映画背景がそんな人格を描かしているのか? 

彼等2人は老いていくにつれて、自我を目覚めさせていく。途中、28 years laterって場面が移るまでにWyclef Jeanの「New Day」という曲をバックに時の移り変わりを表現する映像があって、それは実際にその時期に起こった出来事の総集編になっていて、マーチン・ルーサー・キング牧師やモハメド・アリなどなどが映し出される。黒人歴史上だけじゃなく、世界史としても色んな出来事が起こった時期。その28 years laterにマーティン・ローレンス演じるClaudeが街に出たとき、建物や行きかう人々の様子や車の窓越しに移る自分に、何かを感じてる。その場面がすごく印象的。

無実なのに「25 to Life」言い渡されるって、笑い事じゃないよね。死刑を言い渡されたのなら、死んじゃうのいやだから、どうにかして裁判したりするんやろけど、「jailの生活も保障されてていいやね」なんて思えてしまったら、彼等みたいに生きるかもしれないなぁ。だってもしjailから出されても生活していけるアテがないのなら、jailにいることを選んでしまうかもしれない。映画の中でBiscuitが言うように。

サントラの「Life: Music Inspired By The Motion Picture」も、いい。
これは。ほとんどがR.Kellyの作品で、Wyclefのproduceってところかな。1, 11, 14, 15は、映画とのはまり具合がいい。あとの曲も、歌モノ好きの方にはいい内容なのでは。Kelly Priceはやっぱり、聴かせる。

(2000年DVDにて鑑賞)

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です