Jazzyfatnastees / The once and future (1999)

Jazzyfatnastees / The once and future (1999)

The Rootsのメンバーとのプロデュースの彼女たちのデビューアルバム。The Rootsのツアーに同行してバッキングヴォーカルを務めていた。OutkastとDe La Soulの曲でもバックコーラスで参加しているようです。

1. The Wound
2. How Sad
3. Breakthrough
4. Unconventional Ways
5. Hear Me
6. Sail the Seas
7. Related to Me
8. The Lie
9. Why
10. Let It Go

ネオソウルというジャンルが確立されてきた時代の流れに沿った作品。レトロな雰囲気を醸し出していて、60~70年代ソウルを彷彿させる。

メロウでjazzy、少し憂いがある曲調のものが多いでしょうか。「Breakthrough」、「Unconventional Ways」でのヴォーカルは、「Inside my Love」のMinnie Ripertonのよう。

2人とも高音の伸びが気持ちいい声。たまに引っ張り出して聴きたくけれど、全体としては昼間に聴くとちょっと重いので、お酒のお供として夜に聴くにはちょうどいいかな。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です