Coko / HOT COKO (1999)

Coko / HOT COKO (1999)

1998年に一度解散したR&Bヴォーカルグループ、SWVのメンバーであるCokoのソロデビューアルバム。

彼女は天使の歌声を持っていますね。これほど、高音の伸びが心地よく感じる声はありません。SWV時代より彼女の歌声が活かされているアルバム・・・SWVよりもソロのほうが私は好きかも。半数以上がRodney Jerkinsのプロデュースで、Coko自身も曲作りに参加していて才能を発揮しています。

Coko / HOT COKO (1999)

1. Intro
2. Don’t Take Your Love Away
3. Sunshine
4. You and Me
5. Bigger Than We
6. Try-Na Come Home
7. Triflin’ featuring Eve
8. I Ain’t Feelin’ You
9. Everytime
10. All My Lovin’
11. If This World Were Mine featuring Tyrese
12. So Hard to Say Goodbye

1stシングル「Sunshine」は、Cokoが自分自身の息子に奉げた曲とのこと。2ndシングル「Triflin’」ではEveが参加して、ヒップホップがいい具合にミックスされた曲に仕上がっています。Marvin GayeとTammi Terrellの「If This World Were Mine」のカヴァーをTyreseとやっていますが、これまた中々のヴォーカルの掛け合いでステキな曲。

日本ではハイトーンボイスのウケが良いですが、私は基本的に低音ボイス好きです。なのに、Cokoのヴォーカルは嫌気さしません。クリアで伸びのいい彼女の声質は、スロー・チューンよりアッパーで明るい曲のほうがキラキラ映える気がします。そんな彼女のハイトーン美声が活き活き聴こえるアルバムです。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です