Sounds of Blackness / THE EVOLUTION OF GOSPEL (1991)

Sounds of Blackness / THE EVOLUTION OF GOSPEL (1991)

Jimmy Jam & Terry Lewisが手がけた、Sounds of Blacknessのデビュー・アルバム。

実は彼ら、このアルバムをリリースする時点で、もう20年ものキャリアがあった。原点は、1969年にミネアポリスはセントポールのマカレスター・カレッジで結成されたゴスペル・ボーカル・グループ。なんせ40人の大所帯ってのもあってか、デビューまでは、恵まれない環境で活動を続けていたという。

01. Chains
02. Optimistic
03. Ah Been Workin’
04. Pressure (Part 1)
05. Testify
06. Gonna Be Free One Day
07. Stand!
08. Pressure (Part 2)
09. Your Wish Is My Command
10. Hallelujah Lord
11. We Give You Thanks
12. He Holds The Future
13. What Shall I Call Him
14. Better Watch Your Behaviour
15. Please Take My Hand
16. I’ll Fly Away
17. Harambee

ゴスペルという枠を越えて、素晴らしいアルバム。リード・ヴォーカル、Ann Nesbyの歌声が持つパワーには圧倒される。

当時流行ったグランド・ビートとヴォーカル、コーラスでゴージャスな曲に仕上がっている「Optimistic」には何度励まされたことか。私の高校卒業から大学時代のテーマ曲と言える。

Ann Nesbyのヴォーカルで突っ走る、スピード感のある「Pressure (Part 1)」はプレッシャーを吹き飛ばしてくれます。「Testify」は、ファンクなビートとクワイアのコーラスがマッチして、グルーヴィーなゴスペル。

「Stand!」はSly & The Family Stoneのカヴァー曲。色んなアーティストがカヴァーしているけれど、クワイアで聴かせてくれると一層パワフルです。

このグループを引っ張り、自らプロデュースもするGary Hinesに拍手!また、自腹切ってでも彼らのアルバム制作をしたい!として、それを実現させたJimmy Jam & Terry Lewisにも拍手!

Hallelujah!


Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です