Snoop Doggy Dogg / DOGGYSTYLE (1993)

Snoop Doggy Dogg / DOGGYSTYLE (1993)

いわずとしれたSnoop Doggのデビュー・アルバム。このアルバムとSnoopの功績も大きいDr. Dreの「The Chronic」は、セットで西海岸ヒップホップのマスタピースですね。当時のG-Funk時代の幕開けでした。

01. Bathtub
02. G Funk Intro
03. Gin And Juice featuring Dat Nigga Daz
04. W Balls (interlude)
05. Tha Shiznit
06. Domino Intro (interlude)
07. Lodi Dodi featuring Nancy Fletcher
08. Murder Was The Case featuring Dat Nigga Daz
09. Serial Killa featuring The D.O.C., Tha Dogg Pound, and RBX
10. Who Am I? (What’s My Name?)
11. For All My Niggaz & Bitches featuring Tha Dogg Pound and The Lady of Rage
12. Ain’t No Fun (If the Homies Can’t Have None) featuring Nate Dogg, Warren G, and Kurupt
13. Chronic Relief Intro (interlude)
14. Doggy Dogg World featuring Tha Dogg Pound and The Dramatics
15. Class Room Intro (interlude)
16. GZ and Hustlas featuring Nancy Fletcher
17. Checkin (interlude)
18. Gz Up, Hoes Down
19. Pump Pump featuring Lil Malik

1stシングル「Who Am I」、2ndシングル「Gin and Juice」は何度聴いたことか。G-funkサウンドとSnoopのlaid back感たっぷりのフロウが、クセになります。

「Murder Was The Case」は約20分程度の短編映画的なミュージック・ビデオが出ています。当時、VHSで買いました。

「Doggy Dogg World」は、オシャレなファンクネスが華やか。この曲のPVが素敵で「My name is Ta Daw」とかいってキラッと歯が光るシーンとか、カッコよすぎです。

もともとSnoopはこのアルバムを出す前に、Warren GやNate Doggなどとグループを組んでいて、Warren Gが兄(父親は違うけれど)のDreにSnoopをプッシュしていたようですね。SnoopとWarren GとNate Doggって・・・こちらも興味あるなぁ。


Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です