DO THE RIGHT THING 邦題:ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)

DO THE RIGHT THING 邦題:ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)

director: Spike Lee
starring: Spike Lee、Danny Aiello、John Turturro、Giancarlo Esposito、Joie Lee、Ossie Davis、Ruby Dee、Samuel L. Jackson、Martin Lawrence

Black Movieが注目され始めたのはこの映画が公開されてからだ、っていっても過言じゃないってくらい、いろんな影響を与えた映画。Spikeも自ら主演している。

NY、Harlemの黒人とイタリア系人との間を描いた作品。中にはアジア系人もでてくるんだけど。人種問題を中心に描いたものだが、何度見ても、いろんな角度から色んな感情が湧く。「Fight the Power」といえども、全てが「黒人万歳!」として映し出されてるわけじゃないように私には思える。黒人自身にwarningを向けてる場面も多々あるから。色んな背景の人々が、色んな考えをもって見れる映画なんじゃないだろうか。もしくはわけもわからず、ただ「あ~、かっこい~!」と観ることになるか。

私自身は20代前半の頃だけれど、3回目でようやく映画で描かれている背景や、人間模様が見えてきた。もうきっと10回は見てるだろうけれど、見るたびに後味が悪くなっていくのはなんでだろう?

イタリア系人の視点で見ると、彼等、すごい扱いをうけていないか?「郷に入れば郷に従え」は、どこまで従っていればいいんだろう。自分の店の前で大爆音でステレオかけられたら、誰でも怒るよね。

結局は全ての人間に対して、「Fight the Power」と呼びかけてる気がする。

そして、気になるのは出演者のサミュエル(・ジャクソン)ちゃんとマーティン(・ローレンス)ちゃん。あたしが初めてこの映画を見たとき、たしか1990年くらいだけれど、実は二人の子とは全く知らなかった。しかも、マーティンちゃんに気づいたのは、2000年になってからじゃないだろうか?

この映画も色使いが素敵。Spike映画の色味ってなぜこうなんだろう。この映画は赤色がTheme colorだったのだろうか?それプラス、vividな効き色もってきて。本当、かなり素敵できれい。スパイクの映画って、空気が澄んで見えるというか、発色がほんといいっていうのか・・・。

しかしOpening、Public Enomyにあわせてボクシング女性が踊ってるだけ~ってヤツ、 なんかすごい。最後のほう、見てる方が疲れてしまう。面白いんだけど

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です