Buju Banton / VOICE OF JAMAICA (1993)

Buju Banton / VOICE OF JAMAICA (1993)

1990年代中盤のdancehallの中では、これはmustじゃないでしょうか?いかついjacketやけど、sweetなdancehallモノも入っていたりする。Buju Bantonの3rdアルバム。彼のごりごりのダミ声は一度聴いたら忘れない。

1. Searching
2. Red Rose
3. Commitment featuring Wayne Wonder
4. Deportees (Things Change)
5. No Respect
6. If Loving Was a Crime featuring Brian and Tony Gold
7. Good Body
8. Wicked Act featuring Busta Rhymes
9. Tribal War featuring Tony Rebel and Terry Ganzie
10. A Little More Time featuring Beres Hammond
11. Him Take Off
12. Willy (Don’t Be Silly)
13. Gone a Lead
14. Make My Day
15. Operation Ardent

Buju Banton / VOICE OF JAMAICA (1993)

「Commitment」はWayne Wonderのsweet voiceがBujuの声と対照的になってていい。ANSWERリディム使いの「No Respect」はいかにもSteely&Clevieのプロデュースって感じ。Brian and Tony Goldの歌声が切ない「If Loving Was a Crime」。

Busta Rhymes参加の「Wicked Act」はいい具合にヒップホップ・ラガマフィンレゲエです。ベースの連打が気持ちいい。競馬が始まる?なintroの「Gone a Lead」などはdancehall満開!

Bujuは、わりとrhymeがconsciousだったりする・・・jacketに似合わず。 一番のお気に入りはスイートなコーラスが効いてる「Make My Day」。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です