BOYCOTT (2001 TV) 邦題:ボイコット

BOYCOTT (2001 TV) 邦題:ボイコット

director: Clark Johnson
starring: Jeffrey Wright, Terrence Howard, CCH Pounder, Carmen Ejogo, Iris Little Thomas

舞台は1955年、アラバマ、モントゴメリー。
冒頭は、歴史的に有名なROSA PARKSのバスの中での出来事から始まる。。。 この出来事を題材にした映画で、Woopiが出てる「Long Walk Home」があるけれど、またそれとは違って、この映画ではそのboycottのリーダーに選ばれてしまった若造で南部に来たばかりのマーティン・ルーサー・キング Jr.牧師が、どのようにMIA (Montgomery Improvement Association)やみんなを統率していったのか、バス・ボイコットの13ヶ月が描かれている。

これは劇場映画ではなく、アメリカのHBOで放送されたTV映画。当時、「The Source」や「VIBE」といった雑誌で、一面の広告がたくさんでていた。

感動したのは、credit rollのシーン。TVらしい終わりだろうけども、そのシーンが一番メッセージが強いと思った。実話といえど、過去の話。それをどう現代につなげるかってのも、映画やTVの面白いところなのかもしれない。現代にKing牧師がいたら・・・現代のblack peopleに言葉をかけることができたのなら、彼は今、何を説くだろう。今では、あの頃なかった問題も多い。drug, gun, blacks kill blacks・・・この映画の頃のblackのように、団結できるんだろうか?

King牧師を演じるのはジェフェリー・ライト。Malcolmを演じたデンゼル・ワシントンのように、説得力のある演技が光っている。ここでのKing牧師は家族を愛し、時には弱さを見せる。そして周りがそれを助けてくれる姿もある。King牧師の周りの人間がなぜ彼の力になるのか。それはKing牧師の行動が、彼らを導くからなんだろう。人間はひとりでは大きな物事を動かせません。King牧師は重々それを承知してたようにもみえる。でも、同じ考えでも、先頭に立って周囲を導いていくことって誰もができることじゃない。

撮り方もなかなかかっこいい映画です!

(2004年鑑賞)

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です