Fugees / Blunted on Reality (1994)

Fugees / Blunted on Reality (1994)

発売当時に昔の相棒がレゲエモノと間違えて購入した、Fugeesの1stアルバム。まさか次作の「Fugees / The SCORE (1996)The Score」が、あんなに爆発的に売れるなんて思わなかった。

01. Introduction
02. Nappy Heads
03. Blunted (Interlude)
04. Recharge
05. Freestyle (Interlude)
06. Vocab
07. Special News Bulletin (Interlude)
08. Boof Baf
09. Temple
10. How Hard Is It?
11. Harlem Chit Chat (Interlude)
12. Some Seek Stardom
13. Giggles
14. Da Kid from Haiti (Interlude)
15. Refugees on the Mic
16. Living Like There Ain’t No Tomorrow
17. Shout Outs from the Block
18. Nappy Heads (Remix)

私はこのアルバムで聴ける、Laurynの攻撃的なラップが好きです。決して「素晴らしい!」といった洗礼されたアルバムではないですが、「Boof Baf」や「Nappy Heads」の弾けている彼らは嫌いじゃないです。

この頃からLaurynはオシャレで、後にファッション・アイコンになる要素が見えます。Wyclefの坊主頭はちょっと怖いけれど、のハイチ・アクセントのあるフロウはFugeesのスパイスになっていますよね。Prasの低音ヴォイスも合わせたFugees3人のマイクリレーが織りなすハーモニーは、2ndよりこちらのほうが私は好みかも。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です