Chaka Demus & Pliers / All She Wrote(1992)

Chaka Demus & Pliers / Tease Me (1992)

Chaka Demus & Pliersの4thアルバム。
このアルバム、アメリカでは「All She Wrote」というタイトルでもリリースされているけれど、全英でかなり売れた。ダミ声のDeeJay、Chakaと、甘くスムースで時に切ないPliersのヴォーカルが、何とも心地いい。ダンスホール・レジェンドなデュオです。

01. Tease Me
02. She Don’t Let Nobody
03. Nuh Betta Nuh Deh
04. Bam Bam
05. Friday Evening
06. Let’s Make It Tonight
07. One Nation Under a Groove
08. Tracy
09. Sunshine Day
10. Murder She Wrote
11. Roadrunner
12. I Wanna Be Your Man
13. Twist and Shout
14. Gal Wine

「Twist and Shout」、「One Nation Under a Groove」、「She Don’t Let Nobody」とカヴァー曲も多く、聴きやすいダンスホールになっている。

リディム「STALAG 17」使いの切ない「Bam Bam」とその続きのように同じリディムを使った「Murder She Wrote」。

「I Wanna Be Your Man」は、R&B寄りのレゲエで女性コーラスとPliersのヴォーカルが上手い具合にスィートに溶け合って、Chaka Demusがレゲエ色を高めている。

「Twist and Shout」はChakaがえらくFunkに歌い上げていて、これはもうレゲエの枠を超えている・・・が、超え切っていないとこがいいんだろうな。

プロデュースとアレンジは、このころのダンスホールを席巻していたSly & Robbie。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です