Father

さよならは突然に。

実は1月初旬に、突然父親が他界した。風呂場でのヒートショックが引き金と思われる脳血栓で、この3月で74歳になるはずだった。

認知症のママのショートステイにみんなが慣れてきたし、今年は今まで大変だった父を楽にさせてあげたいな〜もっと話聞いてあげられるな〜と思ってた矢先。

去年の大晦日に実家に帰ったとき、家の中がえらく整頓されていて「キレイになったやろ?今年は、年末の大掃除頑張ってん!」なんて笑っていたのにね。

亡くなる数時間前、私は元気な父と電話で喋ってる。
実は、その日まで、父は知人のお葬式のために地元(車で数時間)へ帰省していた。2泊して大阪へ帰ってきたあとに「帰ったから~」と私に報告の電話(いつも泊りの時は出発と帰宅の電話をくれる人だった)をくれていた。「カニいっぱい食べてよ~呑んで幸せやったわ~。」言うて。「良かったやん、年始早々からええなぁ!」と話した。ただ、「何かえらい疲れたわ。肩がえらい痛いんやけど、シートベルトしてたからかなぁ。こんなしんどいん、初めてやわ~」と最後に言っていて、「これからは電車のほうがいいかもね。はよ寝て、よう休んどき~。今週、ケアマネさん来るんやろ?行くわな~。また電話するわ~。」と返した。

ママが認知症になってから、電話といえば相談や愚痴やらの話ばかりだったけど、「久々に二人とも穏やかにゆっくり話できたわ~」と私が電話切った後に旦那に言ったくらい、ほんとなんだか穏やかな会話だった。

それが、最後。
二人ともこれが最後の会話とは知らずに。

思えばこの一年くらい、父は色々片づけてた。
ほんと最期まで家族思いの父親だったんやなぁ〜としみじみ思う。呑兵衛でギャンブル好きで、色々困らされたこともあったけれど、ママが認知症になってからというもの、大変だったと思う。私達に迷惑かけないように、でも時には弱音吐きながら。ほんと、やっとママの状態に慣れてきて、自由で安心できる時間が増えてきたのに。おかげで、ママも露頭に迷うことなく、ショートステイから特養入居にすんなり移行できそう。

団地からも来週退去。
生前に色々話してたこともあって、2ヶ月程で全て完了かな。以外ときれい好きな父だから、きれいさっぱりで褒めてくれるでしょう。

ありがとう。あなたの娘であることを誇りに思います。引き際まで「段取り(口ぐせ)」の父でした。

ほんま、この写真は私と父をよく映してる。
父にとって何をやってるかわかんない娘だったと思うけれど、それを後ろから見てるっていうね。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です