Have Greta Thunberg ever seen kids in the Philippines?

フィリピンはマニラ、イントラムーロス付近のパシッグ川で数年前に撮った写真。私達を見つけたらにっこにこの笑顔で手を振ってきた。川に流れるプラスチックやペットボトルを拾っては、生活のためにそれを売る。セブ島を歩き回っていると、観光客が歩かないような川沿いには廃棄物の山。裏通りでは、笑顔で私達を見てた子供達が近寄ってきて、お金ちょーだい、チョコレートちょーだい、と無邪気についてくる。

I took this photo by the Pasig River near Intramuros in Manila, Philippines, a few years ago – children gathering plastics and PET bottles to sell for a living were waving their hands to us with joyful smile. we saw piles of waste by the riverside while strolling around the Cebu island, and children smiling at us in the street (they are really cute and lovely!) came closer to us and asked for pennies and chocolates.

最近のグレタ・トゥーンベリさんの話題や写真、彼女のCO2排出削減と気候変動に対するアプローチに関する賛否両論を含めた論争を見るといつも、フィリピンで見たり感じたりしたシーンを思い出して、複雑な気持ちになるのよね。。。

Everytime I saw photos of Ms Greta Thunberg, news and arguments re her approach to CO2 reduction and climete change (both pros and cons), those scenes come up to my mind and I have mixed feelings… its not just because i’m related to Filipinas in Japan…

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です